■遺言執行者が必要な場合

■遺言執行者の権利義務

■遺言執行者の指定方法

・遺言書
・家庭裁判所

■遺言執行者の仕事内容

■遺言執行者の事務手続きの流れ

■遺言に遺贈がある場合

■遺言執行者の報酬と遺言執行手続費用


■業務の流れ

・当事務所(行政書士平塚)が遺言執行者となる場合

・遺言執行者の方のサポートする場合


■ご準備いただくもの



■当事務所に依頼するメリット

■料金

■お問い合わせ・お申込み




<遺言執行者が必要な場合>

①遺言執行者が必要となる場合

○認知

○推定相続人の廃除・取消


廃除とは、相続権を持つ人間に著しい非行の事実(被相続人を虐待した、被相続人に対して重大な侮辱を与えた場合など)がある場合に、家庭裁判所に申立てをして推定相続人の持っている遺留分を含む相続権を剥奪する制度です。


②遺言執行者が任意的な遺言事項


遺言執行者がいるときは遺言執行者により、いないときは相続人(相続人の共同)によって執行される任意的な遺言事項は、次のようなものです。

○法定相続分を超える相続分の指定及び特定の遺産を特定の相続人に「相続させる」旨の遺言

○相続財産の処分に関する遺言事項のうち遺贈、財団法人設立のための寄付行為、信託の設定

○祖先の祭祀主宰者の指定、生命保険金の受取人の指定、変更。


〒810-0073
行政書士平塚事務所
代表 平塚桂太(ひらつかけいた)
営業時間:10時~17時<月~土曜日>日、祝日休み
電話:092-737-8830 FAX:092-737-8890
福岡県行政書士会所属
行政書士登録番号:第06400693号
E-mail:info@hiratsuka-office.com
CopyRight(C)2008行政書士平塚事務所 All Right Reserved
お急ぎの方はお電話でお申込みくださいませ。 TEL 092-737-8830

■お問い合わせ・お申込み お問い合わせは無料です 事務所までの地図

■無料メール相談 

 |トップページ問い合わせ・お申込み業務の流れ料金事務所案内提携している専門家
 
 事務所での面談相談 30分 3000円 事務所までの地図

 お申込みはこちらから 

 お急ぎの方はお電話でお申込みください。TEL 092-737-8830