■遺言執行者が必要な場合

■遺言執行者の権利義務

■遺言執行者の指定方法

・遺言書
・家庭裁判所

■遺言執行者の仕事内容

■遺言執行者の事務手続きの流れ

■遺言に遺贈がある場合

■遺言執行者の報酬と遺言執行手続費用


■業務の流れ

・当事務所(行政書士平塚)が遺言執行者となる場合

・遺言執行者の方のサポートする場合


■ご準備いただくもの



■当事務所に依頼するメリット

■料金

■お問い合わせ・お申込み



■事務所案内

■平塚事務所のサイトマップ

■特定商取引法に基づく表示

■免責事項・プライバシー



<遺言執行者の事務手続きの流れ>

遺言の効力が発生すれば、下記の順序で遺言の内容の執行手続きを行うことになります。

①相続人の確定

相続人の確定は、被相続人(亡くなられた方)の出生時からお亡くなりまでの戸籍・除籍・原戸籍を取寄せることで証明することになります。

また相続人・受遺者の住所も必要となります。(戸籍の附表の収集でおこないます)

②遺言書の検認手続

検認手続は、遺言者死亡時における遺言書の現状を検証する証拠保全のための手続です。

遺言書が公正証書で作成された者である場合は、この検認手続は必要ありません。
*遺言書をこれから作成される方には「公正証書」の作成をお勧めします。
 
公正証書遺言のホームページ

③相続人・受遺者への通知手続

遺言執行者に就職したときは、遺言書の存在及び遺言執行者に就職したことを、紛争防止等のためにも相続人・受遺者に通知する必要があります。

④相続財産目録の調製及び相続人への送付

遺言執行者に就職したならば、遅滞なく相続財産の目録を調製して、相続人に交付しなければなりません。

⑤遺言内容の執行事務手続き

相続財産の目録を調製すれば、管理すべき財産の範囲およびその内容を把握することができ、遺言書の記載内容に従って執行することになります。

 遺言執行者が行う手続内容はこちらから

⑥遺言執行事務手続終了に関する報告書の作成及び送付手続

遺言執行事務の手続が全て終了したときは、その旨の報告書を作成して、相続人・受遺者に対して通知しなければなりません。


 遺言執行者の報酬
〒810-0073
行政書士平塚事務所
代表 平塚桂太(ひらつかけいた)
営業時間:10時~17時<月~土曜日>日、祝日休み
電話:092-737-8830 FAX:092-737-8890
福岡県行政書士会所属
行政書士登録番号:第06400693号
E-mail:info@hiratsuka-office.com
CopyRight(C)2008行政書士平塚事務所 All Right Reserved
お急ぎの方はお電話でお申込みくださいませ。 TEL 092-737-8830

■お問い合わせ・お申込み お問い合わせは無料です 事務所までの地図

■無料メール相談 

 |トップページ問い合わせ・お申込み業務の流れ料金事務所案内提携している専門家
 
 事務所での面談相談 30分 3000円 事務所までの地図

 お申込みはこちらから 

 お急ぎの方はお電話でお申込みください。TEL 092-737-8830